地盤改良工事の流れ

基礎伏図と建築図面の作成
地盤改良工事設計図
ご希望について詳しくヒアリングの後、平面図・基礎伏図等 から建物の位置をきちんと確認し、5ヶ所程度のポイントを定めて現地の事前地盤調査を行います。

矢印

地盤調査(スウェーデンサウンディング試験)

スウェーデンサウンディング式の地盤調査です
地盤の強さを調査する為に、弊社においてはスウェーデン式サウンディング試験(SS)を採用しております。

スウェーデン式サウンディング試験(SS)とは?

地盤の強さを測定する試験方法の名称で、住宅の地盤調査では一般的に採用されています。機械の上部におもりを設置し、先端の尖った部分がどれだけ貫入したか、さらに貫入が停止した際にはハンドルを回転させ、25cmごとに貫入に必要な回転数を測り地盤の強さを測定する方法を指します。

弊社はジャパンホームシールド社と提携しております

矢印

設計と見積もり

地盤調査の結果に基づき、 現地の地盤・土質・地耐力などのデータを計算し、地盤改良の有無を判断し、設計とお見積りを行います。
地盤改良の設計図

施工にあたり、当社では専門設計士による杭配置図の他に考察及び安定計算書をお見積りと一緒にお客様にお渡ししています。

矢印

施工(2~3日)

ハイスピードドリル 1.HySPEED(ハイスピード)ドリルの設置

事前に決められたポイントに直径40cmのHySPEEDドリルをセットします。

 
掘削作業 2.掘削作業

HySPEEDドリルを回転させて、予定の深度まで地面を掘削します。このとき、事前の地盤調査データと実際の土質に違いがないかしっかり確認します。

 
天然砕石の投入 3.天然砕石の投入

天然砕石を投入します。直径2~4cmの天然砕石だけを使用し、その他余分なものは一切使用しません。

 
パイル形成 4.パイル形成

HySPEED(ハイスピード)ドリルを掘削時とは逆に回転させて、天然砕石にしっかり圧力をかけつつ砕石パイルを形成します。50cm単位で強度を確認しながら1本づつ正確に施工していきます。

 
土壌補強工事完成♪ 5.完成

砕石パイルの完成です。充分に締め固められた砕石パイルは、周辺の地盤へがっちり食い込みますのでHySPEEDドリルの直径よりも大きく仕上がります。

 
強度試験 6.強度試験(チェック)

最後に安定計算書通りの地耐力が確保できているか、強度試験を実施します。同時に未改良部の強度試験も行い、改良前後の変化を比較して確認します。

施工後、株式会社大林では現場作業チームから

①掘削深度および砕石投入量(全杭)
②各工程段階の写真
③砕石パイル施工図
④平板載荷グラフ、データ
⑤事後試験後の考察

を一式として報告書をお渡ししております。

2011年6月21日

お問い合わせ

このページの先頭へ

兵庫県加古川市における地盤改良と地盤調査の専門家です