HySPEED工法でバッチリ問題解決

ハイスピード工法は軟弱地盤改良さまざまな問題を解決します

ハイスピード工法の特徴

株式会社大林が採用する「HySPEED工法」は硬化剤を一切使用しない天然砕石パイル工法です。
地盤に孔を掘り、その孔に砕石を詰め込み、石柱を形成していきますので、まさに天然素材のみを使った、人・環境に優しくとっても強い、軟弱地盤の地盤改良工法といえるでしょう。

また、地盤改良と聞けば住宅地盤の改良工事がまず思い浮かびますが、HySPEED工法でしたらそれ以外に幅広く活躍します。それは、砕石パイルという自然工法が造り出す高機能柱状杭の証です。
軟弱地盤・地震・液状化対策はもちろん、環境面の配慮も万全です。

HySPEED工法は、健康と財産を同時に守れるリスクの少ない待望の工法として加古川市をはじめ兵庫県内外で大変好評を得ております。

HySPEED工法9つの特徴

地震の衝撃に違い 安心の工事保証
現地盤と砕石パイルで複合的に面全体で建物を支えますので、安定した強さがあります。 日本大手保証会社であるジャパンホームシールド㈱の認定工法です。
調査から保証まで従来他社よりも施工費用をお安く抑えることができます。
エコに貢献する工法です CO2を削減
天然砕石しか使用しないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。
つまり住む人の健康被害を不必要に起こしません。
砕石しか使わないことによりハイスピード工法は、他の工法に比べC02の排出を少なくします。
後々の費用が発生しない 無公害の工法です
産業廃棄物(鉄パイプ・コンクリート)として扱われませんので、将来取り除く必要がありません。
つまり、土地の価値の目減りを防ぐ事ができます!
今まで施工が難しかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤や、六価クロムが出てくる火山灰の地盤でも、問題なく施工可能です。
リユースで地球に貢献 遺跡になる工法
将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使用可能です。 鉄パイプやセメントのように錆びたり、劣化したりしない、永久地盤工法です。
液状化現象に強い  
地震時の液状化も、ドレーン効果(排水効果)により水圧を逃がし、液状化現象を低減できます。  

全体的な強度

ハイスピード工法で行う地盤の掘削は直径400mmで、その中にハンマーで圧力をかけながら天然砕石を詰めます。

強い強度を誇ります

軟弱地盤で強度を発揮します

できあがる砕石杭(エコ100%!)は、それぞれが直径450mm程度になり、杭周辺の地盤も非常に強度が高まり建物をしっかり支えます。

HySPEED工法は、従来の工法のようにあらかじめ決まったコンクリートや鉄製の杭を使ったり、地盤を補強しない工事とは違い、たとえ強固な支持層がないとしても、砕石杭をもって自ら支持層を形成できる画期的な最新の工法です。

そのため地層の起状に影響されることなく、強固な地盤を作り出すことが可能です。

人や環境にもやさしく、地盤事故が起こりにくいこの工法は、自然砕石100%使用のため、長期的に見て費用やコスト面でも大変メリットのある工法であるといえるでしょう。

液状化現象に対する強度

液状化の低減効果

液状化の低減効果

地震の時に厄介なのが液状化現象です。

地震の振動が伝わったとしても、HySPEED工法で作られる砕石杭は水を通すため、水圧を逃がして液状化を低減できます。

地震そのものに対する強度

大地震の発生時には、地層にせん断力がかかる為、従来のセメント工法では破損が起こってしまいます。

せん断力への対応が違います

せん断力への対応が違います

しかし、HySPEED工法で使用する天然砕石杭は、せん断に追随し、力を逃がしますので破損することがありません。
さらに、地盤そのものを強化できるますので、共振を和らげる効果も持っています。

東日本大震災時の液状化軽減にも効果がありました

「建築知識」2011年6月号(No.679)の”東日本大震災-都市を襲った液状化”という記事において

Hyspeed工法を用いた地盤改良により液状化の被害を免れた木造住宅(茨城県稲敷市浮島地区)の様子が取り上げられました。

以下「建築知識」2011年6月号(No.679)29ページより抜粋

***ここから

砕石パイルが効果を発揮

 茨城県稲敷市にある浮島地区は、地名から連想されるとおり、もともとは霞ヶ浦の小島だった地域。
昭和初期から段階的に圃場整備が行われてきた水田地帯で、住宅も点在している。
香取市水郷地区と同様に、液状化の影響が大きく、側溝や、木造住宅などに被害が見受けられた。

 一方、液状化の被害を免れた木造住宅もあった。柱状地盤改良を行った住宅で建物外部・内部を調査したところ、間仕切壁(通し柱と1階梁の取合い部分や開口部の角部など)や土間コンクリートに多少のひび割れが見られたものの、構造躯体に対する振動的な被害、液状化による被害は見受けられなかった。

 具体的な地盤改良の方法は、砕石パイル工法と呼ばれるもの。天然に存在する砕石を柱状に詰め込むことで、地盤・基礎をより強固にするという技術だ。

 特に、他の地盤改良の工法と比較した場合、液状化にも強いのが特徴で、採用の決め手になっている。今回は下部から湧き出した水が砕石パイルを通じて外部に排水されるという、想定どおりの機能がうまく働いたものと推測できる。

(雑誌内の注記:砕石パイル工法とは、天然に存在する砕石を柱状に詰め込むことで、地盤・基礎をより強固にする技術。液状化に強い事が特徴の1つである。工法には乾式工法と湿式工法があり、この住宅では乾式工法のひとつであるHyspeed工法を用いている)
ここまで***

※下線は当社によるものです。

東日本大震災を通し、砕石パイル工法であるハイスピード工法の効果性が見直されているのは、大変注目に値する事実です。

地盤改良の問題点 ハイスピード工法 他社との違い

2011年6月22日

お問い合わせ

このページの先頭へ

兵庫県加古川市における地盤改良と地盤調査の専門家です