公共下水道管渠工事

なかなか更新出来ずにスイマセン  忙しくてついつい・・・  

トホホ(;>_<;) 気を取り直して(気合い)

さて今回のご報告は? 私共の本業である公共工事(下水道管渠工事)

での仕事内容を少し紹介しましょう。

作業(工程)は極単純。穴を掘って管を布設し、埋め戻して仮舗装をする。

ただそれだけ!! しかしこれがまた大変(;´Д`)掘ってみないとわからない。

(この他にも大変な事は色々あるんですけどネ)

例えば新・旧の水道管やガス管等の障害物があります。

そして、一番厄介なのが地下水。その土地や場所によって違いますし

水の量も多い・少ないはありますが、100% 地下水はでます。

掘削状況

この地下水によって作業効率はもちろん、工事が難航し止まってしまうことも・・・。

これが、地盤改良工事だとするとゾッとします。

特にセメントを使った改良工事だと、地下水でセメントはシャブシャブで

強度も出ないし、六価クロムが地下水へ流出するなんてことも・・・。

考えるだけでも恐ろしいですよね。でも、私共の工法だと安心。

だって天然砕石だけを使うんですから何の心配もありません。

オット!横道にズレちゃいました。 とまぁ~単純な中にも色んな

障害物や危険をクリアーしながら工事を完了していきます。

私共、下水工事班は非常に優秀で工事成績も高く、市や県からも

高い評価を頂いています。地盤改良工事班も負けずに、お客様から高い

評価を頂ける様頑張って行きたいと思います。

タグ


2012年4月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:公共工事

日経ホームビルダーでも液状化対策として取り上げられました

またまた、株式会社大林が採用するハイスピード工法が専門誌で取り上げられました!

日経ホームビルダー 2011年7月号P41 によりますと、液状化現象対策もお任せを!

****ここから

『液状化対策工法の例:水の逃げ道を確保する』

 液状化する条件を取り除き、不同沈下を防ぐ地盤改良に期待が集まる。その一つとして、地下水を逃がす戸建て住宅用の一般的な工法を紹介する。

 ハイスピードコーポレーションが開発した「ハイスピード工法」は、「砕石パイル」と呼ぶコンクリート用の砕石を用いた改良体が特徴だ。「砕石は隙間に水が通りやすいため、土中の水圧上昇が抑えられる。これによって液状化の影響を抑制できる」と同社取締役開発部長の堀田誠さんは説明する・

 地盤を削孔し、砕石を締め固めながら孔につめていく。地盤そのものの支持力を上げる効果がある。一般的な不同沈下対策の場合はこれで工事終了だ。液状化対策をする場合は、基礎の下と建物の周囲に厚さ30mm以上の砕石からなる透水層を敷き、砕石から上がってきた水を抜く雨水浸透マスなどを埋設する。(以下略)

ここまで****

姫路市・加古川市をはじめ兵庫県内外で地盤改良工事に興味のある方はお気軽にお問い合わせなさってくださいね。

タグ


このページの先頭へ

兵庫県加古川市における地盤改良と地盤調査の専門家です